IBM SYSTEM X3100 M4 2582-A2J

c0053220_759341.jpg

c0053220_759353.jpg


serverguide9.51でブートして
普通にWindows server2008 R2 standardを
インストールしたかっただけなのに。

RAID構成が組めず、インストールプログラムも
ハングアップして電源強制断。

そしたらHDD1本にリビルドかかってびっくり。
UEFIからSTORAGE操作しようにも延々リビルド終わらず。

24時間放置してもだめ。

納期間に合わないとまずいので
サポートに電話したらHDD初期不良の可能性あり。

SATA2TBは東京にしか在庫がないとのことで
急遽飛行機で運ぶことに(笑)

1本手配すると言ってくれたのですが
2本とも逝ってたらまた東京から?!と
想定して最低2本、出来れば3本手配をお願い。

マザーボードが死んでてもやばいので
こちらも合わせて。

メディアの読みがおかしい可能性も考えて
DVD-ROMドライブも依頼。


CE来社。

ハードウエアの確認。DSA取得。再現性確認。
一通り終えてからHDD1本交換。
改善せずリビルドが走り出す!!

再びハードウエア確認し、
マザーボード交換。
改善せず。

HDDのケーブルを未使用のものと交換。
現象改善せず。

serverguideの不具合を疑い、UEFI上からRAID構成。

あれっ。。。いけた。

何度もリビルド走ってるし新品あるから
もう1本のHDDも交換しインストール開始すると
あっという間に完成。

後日HDDバックプレーンとケーブルも交換してもらいスッキリ。

最終のDSA取得し解析依頼。
結果と、障害報告書もお願いする。

OSは無事に上がり、イベントログや
MEGARAID上でのエラーや警告がないことを
確認して構築開始。

なんだかんだで時間にすると2.5人日も初期不良対応に
費やしてしまった。

急いで出荷すれば間に合いそうです。
OSプリインストールモデルの有り難さを改めて実感。

ふーっ。
[PR]

by pasteleye | 2014-03-20 07:43 | システムエンジニア  

<< GSX1300R hayabu... サンミーの次はヨンミー >>