windows server 2012 サーバーマネージャの自動起動をしないようにする

Windows Server2012はOS起動時にサーバーマネージャーが自動起動するようになっています。

環境によっては表示に結構時間がかかることがあるので

自動起動をさせず、必要な時だけ手動で立ち上げるようにしたほうが

作業効率が上がる場合があります。

その場合の手順は以下の通りです。

1:サーバーマネージャーを開き 「管理」の「サーバーマネージャーのプロパティ」を開く

2:「ログオン時にサーバー マネージャーを自動的に起動しない」にチェックを入れる

以上です。

とても簡単だけど、やらずに毎回クリックして落としてる方が以外に多いのかも?



ポリシーで設定する方法もあります。

「グループ ポリシー管理エディタ」を起動してください。

コンピューターの構成

ポリシー

管理用テンプレート

システム

サーバー マネージャー

の中に「ログオン時にサーバー マネージャーを自動的に表示しない」という項目があります。

この項目にはオプションはありません。

「有効」にするだけでログオン時にサーバー マネージャーが自動起動しなくなります。

また「ユーザーの構成」ではなく「コンピューターの構成」です。

このGPOが割り当てられたサーバーではユーザーに関係なくログオン時にサーバーマネージャーが起動しなくなります。

是非活用してください。
[PR]

by pasteleye | 2014-01-16 10:10 | システムエンジニア  

<< 脱 原発 第33回 個人情報保護士 認定... >>